病院 薬局 薬剤師

病院、薬局での薬剤師の仕事

病院薬剤師

病院で働く病院薬剤師さん。それと比較されるのは薬局薬剤師ですね。
これらの違いは病院で働くか、薬局で働くかです。

 

病院薬剤師は病院で従事している側面、医師と連携して、薬に関するアドバイスを提供して医療を助けたりするということもあります。
また、患者さんとコミュニケーションをとり、適切な薬を考えてあげることが主な仕事内容です。

 

薬局薬剤師はドラッグストアや調剤薬局で従事します。
つまり、右も左も分からないお客様から症状を聞き出し、適切な薬を選んであげる必要があります。
薬を売らないと利益になりませんから、営業的な側面も強いですね。

 

 

どちらが良いか悪いかは人それぞれになるわけですが、一般的には薬局薬剤師の方が給料が良いようです。
就職先を選ぶときに、やはり大切な要素ですから気になりますよね!

 

でも、じゃあ病院薬剤師はあきらめようかな…。
というのはちょっと早いのではないでしょうか?

 

医師と助け合って、重病患者を治したいという夢は調剤薬局で叶えられるでしょうか?
患者さんの一番傍にいて、最高の薬を提供する夢は調剤薬局で叶えられるでしょうか?
自分の一番やりたいことをしている人生は、プライスレスですよね!

 

大体、お給料は出世することで伸びますから、私はあの会社のあいつより給料が良いが、あいつよりは悪い、というのは良くあること。
やりがいがあるからこそ、上も目指せるわけですから、自分の中のベストな薬剤師の形を是非見つけていただきたいですね!


ホーム RSS購読 サイトマップ