薬剤師の年収はどれくらい?

薬剤師の年収はどれくらい?

薬剤師のお給料とはどれくらいなものでしょうか?

就職をする時に一番最初に見るのは、それは自分がやりたい仕事なのか。
次に見るのはお給料ですよね。現実問題。
さて、薬剤師のお給料とはどれくらいなものでしょうか?

 

薬剤師の平均年収は以下の通り。

 

●平均年収:529万円
(男性:570万円 女性:509万円)

 

 

勤め先による平均年収は以下の通り。

 

●調剤薬局:400万円〜650万円
●ドラッグストア:400万円〜700万円
●病院:400万円〜650万円
●製薬会社:400万円〜800万円

 

 

これが一般例のようです。
ボーナスは80万円が平均のようですね。

 

でも、ちょっと待ってください。
腑に落ちないところがありませんか?
まずなぜ女性の年収の方がとても低いのか?

 

社会を見ていくと、やはり地位の高い仕事は男性がまだまだ独占状態です。
これが性別による均年収の差につながるのではないでしょうか?

 

給料は昇格、出世をしてこそ上がるもの。
年功序列が強い日本ですが、ただ会社に出勤して、席に座ってぼーっとしたいために薬剤師になるのですか?
昇格手当てって会社によっては数万、数十万とつくものです。
世の中の色んな企業の平均をみるもの良いですが、お目当ての会社で本気で頑張ったときに、どんな未来が待っているのか。
そういう見方が大切なような気がします。

 

そして、業種による給料の差について。
昇格手当て以外にも、給料に大きく影響するものがあります。

 

それは残業代や営業手当て。
たとえば時給が2000円なら、残業手当てが付くと時給は3000円くらいになりますね。
そこに残業を100時間したとしましょう。
残業時間だけで給料は30万円。これは凄い。

 

ただし、過酷労働になりますから、体力や生活面では大変です。

 

営業手当て。
頑張れば手当ては大盤振る舞い。給料も他の職種に比べて圧倒的に良いでしょう。
でも頑張れなかった時は?不景気でものが売れないときは?
プレッシャーは直接ストレスにつながり、体調を壊してしまうかもしれません。

 

こんな感じで、実際に手取りとなるお給料は変わってくるわけですが、それと合わせて生活リズムや人生の満足度も変わってくるでしょう。
単純な数字だけではなく、こういう面もふまえての「お給料」なのではないかなぁと思う今日この頃です。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ