薬剤師 免許 取得

薬剤師免許の取得

薬剤師の免許申請

晴れて薬剤師国家試験に合格!
これで薬剤師の仲間入りだ〜!

 

というと、そうではありません。

 

薬剤師になるためにはもうひとつ、
「薬剤師免許」の申請が必要になります。

 

まぁ難関でも関門でもないのですけどね。

 

要は申請書を書いて、我が国にこれから薬剤師の業務を
営ませていただきますと、認めてもらうだけです。

 

申請に必要なものは以下になります。
1.薬剤師免許申請書(発行から1か月以内)
2.医師の診断書(発行から6か月以内)
3.戸籍謄本または妙本(発行から6か月以内)
4.登記されていないことの証明書
5.薬剤師国家試験の合格証書
6.収入印紙3万円分

 

結構たくさんですね!
薬剤師の仲間入りのため、わくわくしながら申請しましょう!
せっかくですので、私の独断と偏見による注意点をいくつか。

 

●注意点1
薬剤師免許申請書の内容(兵庫県知事HPからDL)を見てみました。
罰金以上の刑に科せられたことがあるか、ないか。
こんなことを問われています。
犯罪は怖いですね・・・。せっかく頑張っても捕まっているとアウトなようです・・・。
人生まじめに、まじめに頑張りましょう!

 

●注意点2
医師の診断書の内容(兵庫県知事HPからDL)を見てみました。
医師の診断書の内容は「視覚機能」「精神機能」「麻薬・大麻やあへん中毒」
こんなことを問われるようです。
絶対、絶対だめですよ!お薬の延長で麻薬に手を出しては!
皆さん日々お疲れだと思われますが、
ストレス社会はカラオケとアロマテラピーで乗り切りましょう!

 

なんだか警察のポスターみたい。

 

そんなもん注意するほどのことではないだろ!
そんな声ばかりが聞こえてくることはとても喜ばしいことですね〜。


ホーム RSS購読 サイトマップ